◆ おすすめカテゴリー ◆

猫グッズ 猫部屋づくり 猫の生態 病気・ケガ・健康
スポンサーリンク

アマゾンから届いたフードをお試し

食事

Amazonからの贈り物

先日、Amazonさんから試供品が届きました✨

このようなメッセージが添えられています。

実は以前にも一度頂いたことがあるんですよ。

そのときは、『モンプチ クリスピーキッス』というおやつのグレインフリータイプでした。

クリスピーキッスはよくあげていましたがグレインフリーは初めてで、食い付きがすごく良かったのでその後よく買うようになりました(Amazonではなく店舗ですが😅)

単なるプロモーションなんでしょうが、突然やってくるこの贈り物、何気に嬉しいんですよね~😊

今回は何かな?早速開封!

『ベッツワンプレミアム』の総合栄養食?聞いたことあるような無いような…?

調べてみると、犬猫用の療養食などを出している『ペットゴー』さんのオリジナルブランドでした。



『ベッツワンプレミアム』の特徴は以下の通り。

  • EPA・DHA、オメガ6脂肪酸を含む栄養素をバランス良く配合し、室内で暮らす成猫の健康的な脳と皮膚、被毛の維持をサポート
  • 善玉菌のエサとなる食物繊維(セルロース、サイリウム)、フラクトオリゴ糖を配合。さらに消化吸収の負担が少ない小麦タンパク質分離物(消化率90%以上)、ジャスミンライス使用で腸内環境を整える
  • 食物繊維配合で毛玉の排出を助けるとともに、満腹感を得られることで健康的な体重を維持
  • 抗酸化成分であるビタミンC、Eとタウリン配合で免疫力維持をサポート
  • 合成着色料・香料 無添加

特にいいな、と思ったのが、腸内環境を整えてくれそうなところ。

つみれはお腹が緩くなりやすく、ウンチでおしりを汚す事が多いので、これが良くなってくれればつみれも私達もストレスが減るというもの。

何はともあれ、食べてくれなくては始まりません。

みんなで試食です✨

猫たちの食い付きは?

いつも食べているフードは、『ネスレ ピュリナワン』の【美味を求める成猫用 1歳以上 チキン】です。

比較のために両方皿に入れて、写真撮ったりしようとしたんですが猫たちの圧が💦

集まってきて我慢できない様子なので、写真は後回し!

男子たちが群がってきました😆

向かって左から2つが今回のベッツワンプレミアム、右端がいつものごはんです。

つみれはいつものごはんを食べかけましたが・・・

やっぱりボクもそっちがいいなぁ。

ボクもそっちが・・・

分かった分かった、つみれの分も入れてきてあげるから!

ベッツワンプレミアム、人気です✨

ポツンと寂しそうないつものごはん。。

やはりいつもと違う香りがそそられるんでしょうか。

ちくわが食べ終わっていつものごはんを覗きに来ましたが、この後砂かけしてました…💦

男子たちは食べ終わったようなので、粒の大きさをチェック。

左がいつものピュリナワン、右がベッツワンプレミアムです。

直径は8mm平均くらいで、いつものごはんと比べてもかなり小粒ですね。

これは食べやすそう👍

と写真を撮っているとアビーもやって来ました。

やっぱりベッツワンプレミアムを選びました✨

一瞬いつものごはんを見ましたが・・・

やっぱりこっち!

その後、残ったごはんを置いていたんですがやっぱりベッツワンプレミアムが先に無くなりました。

みんな気に入ってくれたようです👍

価格は?

そんなに美味しいのか~。プレミアムというだけあるな!

栄養素や価格によっては、今のフードから切り替えてもいいかも。と調べてみると・・・

う、高い!

公式サイトで購入すると、2kgで税込2,480円、定期便で14%OFFでも2,140円。

いつものピュリナワンは、Amazon限定パッケージの定期便を4.4kgで税込2,703円(15%OFF)で購入しているので、2倍近い価格じゃないですか…😱


プレミアムフードなんかと比べると2,480円/2kgはものすごく高いわけではないんですが、なにせピュリナワンのAmazon定期便価格が安いもんで、そこから考えるとかなり出費は増えますね。。

わが家はドライフードだけで月に約5~6kg消費するので、月6,000円を超える計算ですね。チョット痛いか。。

公式サイトでは、賞味期限が残り3ヵ月のものを定価の半額で販売しているので、それならいつもと同じ価格で買えるんですが、どうしようかな?

栄養成分は?

次に、栄養成分を比較してみました。

 ピュリナワンベッツワン
素材チキン、米、コーングルテン、牛脂、脱脂大豆、とうもろこし、小麦粉、大豆たんぱく、たんぱく加水分解物、えんどう豆、にんじん、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン、硫黄)、グリセリン、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン)、カラメル色素、アミノ酸類(リジン、タウリン、シスチン、メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール)鶏肉、ジャスミンライス、小麦、コーン、小麦タンパク質分離物(消化率90%以上)、油脂類(動物性油脂(鶏)、魚油、大豆油)、加水分解動物性タンパク(鶏肉)、小麦粉、植物性繊維(セルロース繊維)、ビタミン類(A、コリン、 D3、 E、 C、ナイアシン、 B2、パントテン酸カルシウム、 B1、 B6、 葉酸、ビオチン、 B12)、ミネラル類 (Ca、Cl、 Na、 K、 Zn、 Mn、 Fe、 Cu、 I、 Se)、酵母エキス、フラクトオリゴ糖、アミノ酸(DL-メチオニン、タウリン、L-カルニチン)、サイリウム、ゼオライト、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)
成分たんぱく質:34%以上、脂質:15%以上、粗繊維:2%以下、灰分8.5%以下、水分12%以下たんぱく質:26.0%以上、粗脂肪:11.0%以上、粗繊維:5.0%以下、粗灰分:7.0%以下、水分:6.5%以下
代謝エネルギー375kcal/100g372kcal/100g

どちらもトップはチキン、次いで米、コーンや小麦などの穀類、ビタミン・ミネラル類と、素材は割と近い気がします。

代謝エネルギーもほぼ同じですが、一番違うのは『たんぱく質量』ですね。

AAFCO(米国飼料検査官協会)の基準では、キャットフードのたんぱく質量は26%以上とされているのでどちらもクリアしているんですが、近年ではたんぱく質量はもっと高い方が良いとされていて、グレインフリー(穀物不使用)などの高タンパク質フードが求められています。

ピュリナワンの34%以上は、超高級なプレミアムフードを除けばかなり高い方で、わが家でこのフードを採用している大きな理由のひとつでもあります。

あと、栄養成分ではないんですが、ピュリナワンの方は400gずつ小分け包装されているのに対し、ベッツワンは2kgがひとつの袋に入っているので、一度開けたら早く消費しないと酸化しやすいという点も気になりました。

これは、ピュリナワンに軍配が上がったかな(決して価格だけで決めたわけではありません!)。

因みに、ペットゴーさんでもピュリナワンの定期購入ができます。価格もかなりお得ですよ✨


『ベッツワンプレミアム』はフード切り替え時の筆頭候補!

今回の検討の結果、今まで通りピュリナワンを続けることにはなりましたが、ベッツワンプレミアムはわが家の猫たち全員からかなり人気のフードでした。

小粒なので、将来歯を抜くことがあっても食べやすそうなところも高ポイント👍

今のフードの食い付きが悪くなったり、食欲が落ちてきたりしたときに真っ先に切り替えの候補に挙がるフードが見つかったことは、今後の安心材料になりますね。

Amazonさん、いい試供品をくださってありがとうございます✨

これからもいっぱい買い物します!

0
スポンサーリンク

\ この記事をシェアする /

カテゴリー