◆ おすすめカテゴリー ◆

猫グッズ 猫部屋づくり 猫の生態 病気・ケガ・健康
スポンサーリンク

多頭飼いでも食事やトイレを管理したい

2019年2月21日
病気・ケガ・健康

猫を多頭飼いしていると、いくつか注意しなければならない事が出てきます。

なかでも食事やトイレのチェックは健康管理において重要事項。

多頭飼いではどんな事に注意が必要か、実際に感じたことや最新の便利アイテムについてお話しします。

食事を分ける必要があるとき

これまでで一番気を付けないといけないと思ったのは、誰かが薬を飲まないといけない状況になったとき。

薬はご飯に混ぜてあげるので、基本的にウェットフードで出します。

ウェットフードはみんな我先にと争うように食いつくので、薬を混ぜた皿が他の子のところに行かないように気を遣います。
特につみれは体の割に食べるのが遅いので、先に食べ終わった子が奪いに来ないように見張っていないと。。。💦

まあ、ウェットの場合は大抵その場で平らげてくれるので、しばらく見張っていればいいだけですけどね😚

わが家は現在、普段の食事は『置き餌』スタイルになっています。

猫たちと暮らし始めた当初は私も外で働いていたため、日中は部屋を留守にしがちでした。
まだ育ちざかりの子猫たちはたくさん食べるし、帰りが遅くなることもあったのでごはんは多めに置いて出ていました。

そんな生活が習慣化したため現在でも置き餌なんですが、多頭飼いの場合、各々の食事量が把握しづらいので置き餌はしない方が良いとされています🙅

他の猫が残したごはんを食べて肥満になる子も出てきますし、衛生面でも食事のタイミング毎にお皿を下げてしまう方がいいのは分かります。

ただわが家では子猫の頃から置き餌が当たり前なので、一度の食事で全部食べるという事はないし、置いているからといって食べ過ぎるという事もなく、この生活スタイルが上手くはまっているようです😚

とはいえ、誰かに療養食が必要になったり、アビーがもう少し歳を取ってシニア食に切り替えないといけなくなった場合、お互いの食事を食べてしまわないように気を付けなければなりません。

そうなったとき、今のような置き餌スタイルではうまくいかないでしょうから、いずれこのやり方は変えていかないといけないなぁ、と思っています。

どれが誰の排泄物か把握できない

先日つみれが誤飲してしまったとき、異物がウンチになって出てくるのを確認する必要がありました。
ところが4匹の猫たちが好きなときにウンチをするので、どれがつみれのものかは見張っていないと分かりません。。。

結局、夜の間も猫がトイレに行く度に気付くように、トイレの前で寝る羽目になりました😅

この場合は、対象がつみれだと分かっているのでまだいいですが、例えばトイレに血尿がある!状態のおかしいウンチがある!となった場合、誰がしたものか分からなければまずその子を特定しなければなりません。

全員がトイレに行く度にチェックして・・・となると、病院に連れて行くタイミングが遅れてしまいます。

毎回異常がみられる場合でなかったりしたら、結局対象が特定できず、病気の兆候が出ていたのに発見が遅れてしまう、なんて事にもなりかねません・・・😖

これは吐瀉物でも同じで、吐くところを見ていないと誰が吐いたか分からないので、吐瀉物や異常のある排泄物があった場合は、猫たちの様子を注意深く観察する必要があります。

スマホと連動した管理型トイレも

そんな中、最近では多頭飼いでも猫のトイレ管理ができる『IoT猫トイレ』が出てきているようなんです😲

SHARP『ペットケアモニター』

ハチたま『toletta(トレッタ)』

センサーで猫を個体識別し、誰がいつトイレに入ったか、尿量、滞在時間、体重などの計測データをスマホで管理できるというもの。

複数台のトイレを同時に管理できるので、誰がどのトイレを利用したかも分かるんです👍

 

私が面白いと思ったのは、『toletta』のねこ顔認識カメラ

SHARPの方は、首輪に付けたタグセンサーで個体を識別するんですが、こちらはなんと❗猫ちゃんの顔で識別してくれるので首輪が苦手な子でも大丈夫なんです😆

飼い主が写真で識別できるレベルなら、似ている猫ちゃんでも学習して見分けてくれるそうですよ。

 

これらのトイレで管理できるのはいずれもオシッコだけで、ウンチをしたかどうかまでは分からないようですが、いつ誰がどのトイレを使ったかが分かるだけでも全然違いますよね✨

因みに、導入費用はこうなってます。

【SHARP】

  • 本体価格:24,800円(税別)
  • 個体識別バッジ:3,980円/個(税別)
  • サービス利用料:月額300円(税別)

※4匹で2年間利用した場合・・・47,920円(税別)

【toletta】

  • 本体価格:0円
  • 送料:2,200円(税別)
  • サービス利用料:月額500円(税別)※24ヵ月継続利用が必要

※4匹で2年間利用した場合・・・14,200円(税別)

tolettaは初期費用が送料のみで、2年縛りはありますがトータルでもかなりリーズナブルなので導入しやすそうですね👍

 

正確に管理したい場合は全てのトイレを切り替える必要がありますし、トイレタイプとしてはシステムトイレなので、細かい砂じゃないとイヤ!という猫ちゃんは利用してくれない可能性もあります💦

管理ができても猫にストレスがかかっては意味がない・・・まずはお試ししてみたいところですがそういうサービスはなく、かといっていきなり導入するには高額ですよね。。。

ただ、多頭飼いの悩みを軽減してくれる画期的なアイテムであることは間違いないと思います❗

多頭飼いは個々に向けられる注意が分散してしまいがちだし、単独飼いに比べて管理が難しいです。

だからこそ、少しのサインも見逃さないよう、普段からより気を付けて猫たちに接してあげようと思います。

 

1+