◆ おすすめカテゴリー ◆

猫グッズ 猫部屋づくり 猫の生態 病気・ケガ・健康
スポンサーリンク

つみれの肥満細胞腫~ステロイド軟膏始めました~

ちょっとご無沙汰している間にお盆も過ぎてしまいました。

猫たちは元気なんですが、少し気になることも。

実は、最近つみれの肥満細胞腫が大きくなってるんです。。

耳に大小の腫瘤がたくさん出来ていて、そのうち一番大きなものは病理検査のために切除しましたが、それ以外のものも大きくなって、出血も見られるようになってきました。

切除後約3週間
現在

切除した部分もちょっと盛り上がってきている感じ…。

肥満細胞は、炎症を起こすヒスタミンという物質を多く含んでいて、腫瘤を触ったり刺激を加えるとそのヒスタミンが放出され、腫瘤が腫れたりするそうなんですよね。

もしかしたら、検査のために切ったり擦れて出血したことでますます大きくなってしまったのかも…😨

ここまでたくさん出来ていると、耳を切ってしまった方がつみれのためなんじゃないか…と思ってしまいます。

でも、その決断をする前にもう少しやれる事をやってみたい!ということで、以前に先生が話していたステロイド軟膏を試してみることに。

病院へ電話すると、つみれ本人は連れて来なくてもいいということだったので、先週薬をもらってきました。

処方して頂いたのは『ビクタスS MTクリーム』という、抗菌剤とステロイドの合剤。

1g中に1mgのトリアムシノロンアセトニドという副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)が含まれています。

前に別の病院で処方されてあまり効果がなかった薬と含まれるステロイド剤が同じなのが気にはなりますが、配合されてる抗菌剤は全く違うし、テクスチャーも全然違います。

今回の薬は緩めのサラッとしたクリーム状なので、肌なじみがいいのも良い感じ。

この薬で肥満細胞腫が小さくなったという話をいくつか見かけたのでちょっと期待しています。

1日1回患部に塗布、塗布後15~20分は舐めたり触ったりしないように、ということだったので、他の子がグルーミングに来なさそうなタイミングで塗らないと…💧

薬を塗った直後。ベタベタしてないです。

前の薬のときは、だんだん私が近づくのを警戒するようになり、2週間くらい続けたところで威嚇し始めたので断念したんですよね。。

今回はもう少し慎重にやらねば…ということでタイミングを見計らっているんですが、つみれは結構敏感なので、ちょっとでも不自然に近づくと何かを察知しちゃうんです~💦

私は慎重になり過ぎて感付かれるんですが、夫はこういうときは大胆かつパワーでつみれを抑えられるので、基本的に夫がいる時間に塗ってもらうようにしてます😅

まだ塗り始めて数日なので特に変化はないですが、経過は随時報告していきますね。