◆ おすすめカテゴリー ◆

猫グッズ 猫部屋づくり 猫の生態 病気・ケガ・健康
スポンサーリンク

最近の心配事~つみれの口腔内編~

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

今日はつみれのもうひとつの心配事、口腔内の問題について書きたいと思います。

つみれの歯みがきは本当に大変。。

つみれは押さえつけられたり抱えられるのが大嫌いで、力も強いので抵抗がすごいんです💦

他の子の歯を磨いていると一目散に高いところに逃げてしまうし、それを捕まえようと追いかけるのはお互いかなりのストレスで、最近は全くと言っていいほど歯みがき出来ていませんでした。

うちの子達は、アビーの遺伝なのか歯周病になりやすい体質のようで、若猫の頃からみんな歯肉炎気味でした。

お口もちょっと匂っていたので、口腔内の環境が少しでも良くなれば…という事で、水に混ぜるデンタルケアも試しました。

3ヵ月くらいで口臭が無くなった!という報告もあったので、3ヵ月ちょっときちんと量を量って水に混ぜてみましたが、期待するような効果はなく。。

最近はつみれの口臭が特に強く、ちょっと口を気にしてムニャムニャしていたり、下あごが少し汚れていることもあったので、さすがに一度診てもらわないと、と病院へ連れて行きました。

つみれの口の中を見た先生。

『あ~、これはアビーちゃんより酷いかも。』

エッ!そんなに!?

そこまでとは想像していなくて、可能なら歯石取りだけしてもらおうと思っていたくらいだったので、かなりショックでした…。

アビーは下の歯は一部残せるくらいだったけど、つみれは全体的に状態が悪いようでした。

歯石だけ取ることは出来なくはないけど、歯茎も歯もボロボロの状態だとかなり大変らしい(先生は泥試合と表現されていた…)。

そうまでして歯石だけ取っても数年後にはダメになるので、自分の猫だったら今のうちに抜きます、とのお話でした。

抜歯はするしかないな…と覚悟は決めましたが、どこまで抜くことになるのか、そして抜いた後の数週間を無事に過ごせるのか、そこがとにかく不安…。

アビーのときも初めは犬歯は抜かない方向でしたが、最終的には3本の犬歯を失う結果になりました。

全ての猫にとってそうではありますが、つみれは特に犬歯がチャームポイント。

それにかなり犬歯が立派なので、抜くのは大変だろうし抜いたら顔の印象が変わってしまいそう。。

つみれは犬歯を残してあげたいなぁ。

先生がパッと見たときに『犬歯もどうかなぁ~』とおっしゃったくらいなので良い状態ではないだろうけど、左右の長さが違うとかはないので、今回は抜かない予定との事でしたが。

アビーのときの事もあるので、ちゃんと検査するまで不安は拭えない…。

そしてもう一つの不安が、抜歯後にごはんを食べてくれるかという事。

アビーはとにかく出すものを拒否していて、ドライフードを食べそうになるのを阻止するのがすごく大変だったんです💦

つみれはアビー以上にドライフードが好きだし、おやつやウェットフードも他の子より食い付きが悪いので、ドライ禁止にしたらどうなっちゃうんだろう。。

抜くのが奥歯だけなら、口の中に前足を突っ込んで奥の糸を切るって事もないだろうから、最悪エリザベスカラー無しでもいけるかも、というお話で、確かにカラーはすっごくストレスみたいなので、着けてるよりはマシかもしれませんが。

先生曰く、つみれのようにポッチャリ・・・・・体型の子の場合、数日間絶食状態が続くと脂肪肝(肝リピドーシス)になりやすいんだそうです。

猫の脂肪肝は本当に怖くて、一度かかるとかなり厄介だし、すぐに治療をしないと死に至る病気。

なので先生も、『術後のごはんはアビーちゃんみたいに食べないでは済まされない。脂肪肝になったら死ぬので、そこは覚悟を持って手術に臨まないといけません。』と怖いことを💧

食べない場合の対策、強制給餌や毎日病院へ通う、などができそうだとなったら術前検査をしましょう、という事になりました。

術前検査は、つみれの場合は抵抗が激しそうなので、ちょっと眠ってもらってする方がきちんと検査できるでしょう、という事だったので、そのときに犬歯が残せそうかどうかも判断して頂けると思います。

アビーの場合、手術のときに初めて歯をじっくり診てもらい、そのまま抜くことを決断しないといけなかったので、心の準備ができずショックが大きかったので💧

一刻も早く抜歯の日程を組んだ方がいいのは分かっているんですが、術後の不安が大き過ぎてなかなか踏み出せない。。

つみれは結構『気が立つ』タイプなので、強制給餌しようにも手が付けられない状態になってしまうんじゃないだろうか…。

毎日通院とはいっても、私一人でつみれをキャリーに入れることは不可能なんじゃないだろうか…。

もしかしたら問題なくウェットフードを食べてくれるかもしれませんが、食べなかったときの事を考えると怖い。。

とにかく、まずは術前検査をしてみないと。

出来るだけ早く検査の予約をしたいと思います。

はぁ~、不安。。


猫と暮らしていいですかをもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで届きます。