◆ おすすめカテゴリー ◆

猫グッズ 猫部屋づくり 猫の生態 病気・ケガ・健康
スポンサーリンク

食いしん坊なのは誰

猫たちのこと

わが家には4匹の猫がいますが、それぞれごはんを食べる速さが違います。
食べ物に対する執着が違うと言いますか・・・要するに、『食いしん坊度』が違う。

ざっくり言うと、ウチの場合”茶トラ組”は食いしん坊度が高く、”キジ組”は低いんですよね。

一番食いしん坊なのはなると。

夕飯時、刺身を食べているとすぐに察知してニンゲンの横に座り、じっと貰えるのを待っています。
それどころか、キッチンで刺身を猫用に刻んでいるだけで『刺身だ!』と気付くほど😆

刺身片を手であげるんですが、まるでごはんを貰ってないかのようにがっつき、自分の分をすぐに食べてしまって、他の子にあげているところへやって来て横取りしようとするんですよ💦
この執着心は本当にスゴイです✨

次に食いしん坊なちくわは、なるととは違って少し遠巻きにスタンバイしていて、刺身タイムを待っています。
目を細めて無関心を装っていますが、メッチャ見てるのバレバレだから😆

ちくわは食べるのが上手なので、あげるとパクッと気持ちよく食べてくれます😊

カリカリの食べっぷりもなかなかのもので、CMに出られそうなくらいバクバク食べるんですよ~✨
細身ですが、一番大喰らいなのはちくわかも❗❓

つみれは、大きな体に似合わず一番食いしん坊度が低く、刺身に対しては特に反応が薄いです。

食事時も机の下にいることが多いですが普通に寝てるので、『刺身だよ~』と鼻先に持って行くと、クンクン、クンクン、クンクン、クンクン・・・はよ食べんかい❗って感じです😅

そのまま『要らない』とそっぽを向くことも多いですが、たまに食いついて来ても食べるのが遅いのであげるのが一苦労。。。💧
上手くやらないと全てなるとに奪われちゃいます💦

食いしん坊度が普通程度のアビーは、刺身タイムにも定位置から動きません😚
こちらが口元まで持って行くと美味しそうに食べるんですが、『くれくれ!』と自ら寄ってくることはありませんね。

アビーは食べ方がお上品なので、最初にペロペロと舐めてからパクッといきます。

このとき茶トラずを別で引き付けておかないと、なるとが『よこせ~!』と鳴きながらアビーのところへ来るので2人がかりじゃないと絶対ムリ💨

朝のウェットフードをねだりに来るのも、食いしん坊キングのなると。
大声で鳴きわめき、私を踏みつけにして必死で起こそうとします😓

4匹同時にあげるんですが、当然食べる速さが違うので見張っていないといけません💨

なぜかウェットのときだけ皿の位置が決まっていて、床でなると→つみれ→ちくわ、キッチンカウンターの上でアビーが食べます。

先に食べ終わったなるとが隣のつみれのを奪いに行き、ちくわはカウンターに上がりアビーのを奪いに行く・・・この両方を阻止せねばならんのです💨

アビーは女子だしお上品なので食べるのが遅いのは分かるんですが、つみれは特にウェット系を食べるのが苦手なよう。

ちゅーるのようなペーストならギリいけますが、スープ仕立てみたいなのは上手く食べられないんです💦
スープだけ舐めて具は残っていることもありますし、そもそも口を付けない事すらあるくらい😣

ミルクもダメで、飲もうとして鼻を付けるんですがすぐやめてしまいます。
つみれだけ食べられなくてかわいそうなので、スープ系やミルクはもうずっとあげてません🙅

ただ固形のごはんは好きで上手に食べるので、刺身タイムでもつみれはひとりだけいつものカリカリを食べてますし、カリカリ系のおやつは食べるの速いです😊

いつものごはんで満足なんて、本当に楽な子😆
こういうところも、飼い猫向きだなぁと思う所以です。

こうしてみると、食べ物に対する反応が全然違うんですよね~😚

ただ、食べる速さは違えど好みは結構似ていて、食べないものはみんなあまり食べないし、今のいつものごはんはみんな嫌がらずに食べてくれるので、各々に別のフードを出したりという気遣いが要らなくて助かってます。

そこはやはり、血縁ゆえなんでしょうかね😊

 

1+