◆ おすすめカテゴリー ◆

猫グッズ 猫部屋づくり 猫の生態 病気・ケガ・健康
スポンサーリンク

猫を飼うのにはいくら必要?

2018年11月19日
猫たちのこと

初めて猫を飼う場合、月々どのくらいお金がかかるのか気になりますよね。

わが家は4匹もいるので、それなりに費用がかかってると思います。

猫を飼う上で一番費用がかかるのは、消耗品である『食事』と『トイレ用品』です。

これまで何となくしか把握していなかった『食費』と『トイレ関連費用』について、わが家ではいくらかかっているかあらためて計算してみました。

1ヵ月あたりの食費

猫たちの基本的な食料品の内訳は以下のとおりです。

  • 基本のドライフード
  • 一日一回のお楽しみ、ウェットフード
  • おやつ類

以前の記事でも書きましたが、ドライフードは基本的にピュリナワンの成猫用をあげています。
価格と成分のバランスが良いフードです😊

いつものフードは、定期便で購入するのがお得。

たまにお試しで別のものをあげることもあります。

ウェットフードは朝1回だけ、70g程のパウチを4匹で分けます。
なので、一日一袋になります。

こちらは、総合栄養食のときもあれば一般食のときもあって、美味しそうなやつをあげています😆

おやつは、『シーバ』や『銀のスプーン カリカリシーフード』のようなドライ系がほとんどで、たまにちゅーるや焼きかつお、カップ入りのスープ仕立てのものなんかをあげる程度ですね。

よくあげるおやつは、まとめ買いや定期便でお得に購入してます👍

 

それぞれの購入頻度から、月あたりどのくらいあげているか計算し、月額に換算しました。

フード単価(円)個数/月金額/月(円)
ドライフード(2.2kg)135034,050
ウェットフード(パウチ)60301,800
おやつ類1,500
合計7,350

1匹あたり約1,800円なので、それ程高くはないですよね。

フードの価格帯によって全然月額が変わってきますが、ウチは4匹いるのでこれくらいが限度😅

頭数が少ないともっと高価なフードをあげられるんでしょうけどね~😚

うちの子たちは、今のフードを美味しそうに食べてくれるので十分です👍

 

1ヵ月あたりのトイレ費用

フードの次に費用がかかるのがトイレ関連用品。

わが家は固まる砂のトイレ3個、システムトイレ2個を常設していますので、それなりに消耗品が出ます。

以前にも書きましたが、固まる砂は原料がおからの『トフカスサンドK』を使用していて、7L入りを4袋ずつまとめ買いしているので、1袋あたりが結構お安くなってます😊

システムトイレは『ユニ・チャームさんのデオトイレ』ですので、専用のシートと砂を使ってます。

もっと安いものもあると思いますが、こちらの製品の消臭効果がすごいので、専用品を安い店で購入してます。

その他は、トイレ掃除に使う除菌消臭スプレーや、排泄物を回収する袋なんかがありますねー。

トイレ用品に関する詳しい情報は、こちらのトイレについて書いた記事を参考にしてください😊

では、実際に1ヵ月あたりどのくらいかかっているか見てみましょう。

トイレ用品単価(円)個数/月金額/月(円)
おからの砂(7L)7802.51,950
システムトイレ砂(4L)1,07022,140
トイレシート 10枚入7102.51,775
ウンチ袋1,6900.3507
消臭スプレー3501.5525
合計6,897

こうしてみると意外とかかってますね~💦

デオトイレ専用の砂は、4L入り1袋で2ヵ月分と書かれているんですが、これは”1頭あたり1ヵ月2L”を使用し、”1ヵ月で全交換”を前提とした設定です。

うちはトイレが2個あるのと、ウンチと一緒に回収する分で意外と減っていきますので、思ったより早くなくなります。

シートは、”1週間取り替えなくてもニオわない”とは書いてありますが、”1週間もつ”わけではないですよ❗

頭数やトイレの数にもよりますが、2~3日でかなりオシッコを吸った状態になりますので、1週間も放置できないと思います😅
でも、使ってる数日間は本当に臭わないですよ👍

トイレ用品に関しては単純に4等分は出来ないと思いますが、あえて計算するなら、1匹あたり約1,700円というところですね。

まとめ

食事、トイレ用品という消耗品の1ヵ月の金額をまとめると、

4匹あたり:約14,000円/月

1匹あたり:約3,500円/月

ということになります。

これを安いとみるか高いとみるかは人それぞれだとは思いますが、私的には、『こんな幸せをくれるのなら格安❗』
だと思っています😊

 



1+