◆ おすすめカテゴリー ◆

猫グッズ 猫部屋づくり 猫の生態 病気・ケガ・健康
スポンサーリンク

猫砂探しの旅~これで決まり?埃の少ない天然砂~

2020年5月12日
猫グッズ

長きにわたって続けて来た猫砂探しの旅ですが、いよいよ、本当に終わるかもしれません。

そう思えるほどいい砂に出会いましたのでご紹介します。

アメリカ産の天然猫砂『Dr.エルスレイウルトラ』

先日、イタリア産の高級猫砂『セリーム バイオサンド』のご紹介をしました。

猫砂探しの旅~イタリア産の高級砂編~

鉱物の猫砂は猫に人気で、しっかり固まるので掃除がしやすいという利点がありますが、…
edamomo.com

すごくいい砂なんですが、ちょっとウチには高級すぎまして・・・💦

これよりも価格が低くて使用感が近い、評判の砂を試してみました。

それがこちら。

『Dr.エルスレイウルトラ』です✨

以前は『プレシャスキャット』という商品名で販売されていたようですね。

created by Rinker
プレシャスキャット (Precious Cat)
¥1,390 (2020/10/31 00:21:14時点 Amazon調べ-詳細)
  • 原産国:アメリカ
  • 重量:8.2kg
  • 容量:約8L
  • 砂粒サイズ:1~2mm
  • 無香料

私は2袋で約2,200円の店で購入したので、1,100円/袋、約8L入っている事を考えると、そこまで高級品ではありませんね。

原産国がアメリカなのでパッケージは全て英語。

  • 99.9% ちりを抑え、埃が少ない
  • 最高クラスの臭いコントロール
  • ガッチリ固まる
  • 無香料ー天然成分

というようなことが書かれています。

勢いよく注いでみましたが、確かに埃が見えない

スコップから落としてみても、普通の日中のあかりでは全然ほこりが立っているのが見えませんでした✨

何してんの?

リッチェルのフード付きトイレに全量入れたところ。

ほぼ適量ラインなので、容量は8Lくらいでしょうね。たっぷりです。

砂粒の大きさは、セリーム・バイオサンドと比べると大きめで、かなり不揃いな印象。

バイオサンドが砂浜の砂なら、こちらは細かい砂利のような感じですね。

中には1cm近い大きさの粒や、キラキラしたクリスタルのような粒なども混ざっていて、いかにも天然の砂という雰囲気。

匂いもありません。

バイオサンドと比べると、粒が粗いことが分かりますね。

猫達の反応・使用感は?

そうこうしているうちに猫達が寄ってきました。

ちくわが初めに入りましたが何もせず。

その後、トイレチェック担当のつみれがバッチリ決めてくれました😆

きれいに砂かけしてフィニッシュ!

つみれが使った後、やはり砂は飛び散ってますね~。

少し経ってから回収しましたが、オシッコの形にしっかり固まっています。

この砂もバイオサンド同様、ガッチリというより柔らかめの固まり方ですが、バイオサンドよりはやや凝固力が高いように感じました。

なになに、新しい砂?

トイレにフードを付けて所定の位置に設置すると、アビーとなるとがチェックに来ましたが、今回はスルー。

結局2番目に使ったのはちくわでした✨

翌朝のトイレの様子。

メッチャ使ってますね!
隣のバイオサンドと人気を二分する勢いでした✨

壁際や底の方にくっ付いている場合は若干掃除しづらいんですが、ガチガチに固まらないのでそれほど苦ではありません。

少し崩れたときに、粒が不揃いなので見つけづらいかな~、と思っていたんですが、意外とそうでもなかったです。

崩れた砂は少し茶色っぽくなっていますし、何となく見分けられるというか。
私の経験もあるのかも?

コロッと固まっているものは簡単にすくえますが、全体的にはバイオサンドよりはややロスが出やすいですね。

ランニングコストは?

Dr.エルスレイウルトラを使い始めて、現在約2週間経過しました。

この間、砂の継ぎ足しでトイレ1つあたり約2L使用しています。

バイオサンドのときと同様、2ヵ月に1回砂の全交換をすると仮定して、トイレ3個で使用した場合の砂の使用量とコストを計算してみました。

前から使っている『スーパーDC300』と前回試した『セリームバイオサンド』、今回の『Dr.エルスレイウルトラ』の3種類を比較しています。

 ウルトラバイオサンドスーパーDC300
消費量/月約28L約21L約40L
容量/袋8L6L8L
袋数/月3.53.5
単価1100円1,700円※550円
月額3,850円5,950円※2,750円

※バイオサンドは、前回購入した金額では買えなくなっているので変更しています。

Dr.エルスレイウルトラも、壁際や底の方にされたオシッコ以外はとてもすくい易いんですが、バイオサンドよりは粒が大きいせいか、やや消費量は多くなります。

それでもスーパーDCよりはムダが少なく、使用量は7割程度で済む印象ですね。

1袋あたりの容量もバイオサンドよりかなり多いので、コストはかなり抑えられて、スーパーDC300を使う場合と比べても月あたり約1000円程度の出費で済みます!

掃除はラクになりますし、ゴミ量も少し抑えられる、何より猫たちがこの砂を気に入ってくれているので、このくらいのコストであれば十分価値があるんではないでしょうか。

まとめ

≪良いところ≫

  • 砂埃がかなり少ない
  • ガッチリ固まるわけではないがすくいやすい
  • 崩れても意外と回収しやすい
  • 吸水性が良く、砂のロスが少なめ
  • 消臭力はまずまず
  • 価格が高すぎない

≪気になるところ≫

  • 砂粒が小さいので飛び散りやすい

セリームのバイオサンドと比べると、消臭力と吸水力はやや下回る感はありますが、凝固力はやや上と感じましたし、性能は遜色ないと言っていいと思います!

そして何といってもコストが全然違う!
これだけの品質でこの価格なら文句ないですね👍

砂が飛び散るのは少し気になりますが、小まめに掃除すれば大丈夫かな。

無香料でナチュラルなところも好感持てますし、ハッキリ言ってこの砂気に入っちゃいました😆

という事で継続決定

スーパーDC300もいい砂なんですが、一度この高品質猫砂を知ってしまうともう戻れないというか😅

猫達もほとんどスーパーDC300を使わなくなってしまったので、全てDr.エルスレイウルトラに入れ替えます。

わが家が破産寸前になるとかよほどの事が無い限り、この『Dr.エルスレイウルトラ』を継続していきたいと思っていますので、猫砂探しの旅もこれにて一旦終了✨

近いうちに、これまでの猫砂レポートをまとめておこうと思います。

その後のレポートもどうぞ

猫砂を変えて砂ぼこりはどのくらい減った?

猫トイレを室内に置いていて気になる事のひとつに、『砂ぼこり問題』がありますよね。…
edamomo.com
3+