◆ おすすめカテゴリー ◆

猫グッズ 猫部屋づくり 猫の生態 病気・ケガ・健康
スポンサーリンク

わが家のスカンク

2019年9月30日
猫の生態

皆さんは、猫の『肛門腺』って知ってますか?

動物には、お尻から強いニオイのある液を分泌するものがいます。
スカンクなんかは有名ですね。

この臭い液体は『肛門腺液』といって、肛門付近にある『肛門腺』という器官から出ています。

肛門腺液は、スカンクのように敵を怯ませるために分泌されるのは稀な例で、基本的にニオイ付けのためにあります😊

猫もこの肛門腺を持っていて、肛門近くにある2つの”肛門嚢”という袋に分泌液が溜められています。

この肛門嚢の出口が、肛門を中心に4時と8時あたりの位置にあり、ウンチをするときに絞られて液が出てくるんです。

なので、基本的には肛門腺液は自然に出てくるものなんですが、下痢のようにウンチが軟らかい場合や、液が固まって粘度が高い場合、出口が塞がっている場合などは、上手く絞られずに溜まってしまう事があるんですよ💨

あまりに出ない状態が続くと、化膿して炎症を起こしたり、肛門嚢が破裂したりすることも・・・😱

そうなる前に、強制的に肛門腺液を絞り出す『肛門腺絞り(搾り?)』という処置があります。
肛門嚢のある位置に指を当て、肛門に向かって押し上げるような感じで絞ると出てくるそう😲

肛門腺液は、泥状のものや液状のものなど状態は様々なようで、下手に絞ると飛び散って後の始末が大変な場合もあるとか。。。😱

ワンちゃんは肛門腺液が溜まりやすく、何かの拍子に出ると臭いので、病院で定期的に絞ってもらうという子もいるようなんですが、猫はそもそもあまり溜まらないので、肛門腺絞りが必要な場合は少ないそうです。

なにせ猫はお尻を触られるのがキライなので、激しい抵抗に遭うのが想像できますよね。。。💦

自分で出来るならしてもいいようなんですが、病院で大体500円程度でやってもらえるので、少なくとも初めてのときはプロにお任せした方が賢明です👍

ただ、肛門腺絞りはよほど溜まっているのでない限り無理にする必要のない処置ですので、病院によってはやっていないところもあるみたいです。

トリミングも扱っている病院だとやっている事が多いようなので、気になる方は相談されるといいかと思います✨

肛門腺が自然にうまく絞られなかった場合はお尻が気持ち悪いらしく、ズリズリと床にお尻を擦り付けて歩く、『お尻歩き』と呼ばれる行動がみられます。

実は、ちくわが何度かこのお尻歩きをしている姿が目撃されてまして。。。😓

昔はそんなことなかった気がするんですが、今年に入ってからかなぁ、ちくわのお尻が臭いことがたまにあったんですよ。

初めは『ん?なんか臭い…。ちくわ、オナラしたんかな?』くらいに思っていましたが、ある時ちくわがソファにお尻をこすり付けているのを目撃Σ(゚Д゚)❗

もしや!と思って匂ってみると、何とも言えない強烈なニオイが・・・😱

これが、肛門腺か・・・。

いや、実は兄弟たちが赤ちゃんのとき、つみれが常に肛門腺臭くて、このニオイ自体は知ってたはずなんですけどね。。。

久し振りだったし、こんな風にこすり付けられたのを嗅ぐのも初めてだったので、なんか衝撃的で・・・💧

オシッコのように量が多くないので、拭けば何とかニオイは取れましたけどね。。。

※画像はイメージです

先日は、夜中にちくわが座椅子をカキカキしていたので、オシッコしたの!?と慌てて起きてみると、ちょっとしか濡れていない。
『?』と臭いを嗅ぐと、オー❗ノォォ~~❗

また擦り付けたんかい!しかもよく見たらちょっと茶色いし!😱

肛門腺を擦り付けた座椅子で気持ち良さそうに寝るちくわ

そして昨夜、ちくわがトイレに行った後たまたまトイレ部屋の方を見ると、ちくわが床でお尻歩きしている・・・。
すぐに床に消臭スプレーかけて拭きましたよ😓

ちくわはどうやら肛門腺が溜まりやすい体質のようです。。。

それかウンチのときの体勢とかに問題があるのかなぁ🤔

つみれはウンチで失敗することが多いですが、出すときは『フンッ』といきんで一気に出すので、おそらくうまく絞れてるんでしょうね(汚い話でスミマセン💦)。

なるとは、実は常に肛門の斜め下に黒ゴマのようなものが付いていて、”可愛いのにいつもウ〇ンチ付けてるヤツ”ってネタにしてたんですが、これが肛門腺の出口だと分かって、ウ〇チじゃなかったんだ!と(いやホント汚い話で・・・💧)。
いつもハの字に付いてるのが不思議だな~、と思ってたので納得でした😆

常に付いてる子は溜まりやすい子、と書いてあるのを見たことがありますが、なるとはお尻が臭う事はないし、お尻歩きもしたことがないのでどうなんでしょうね🤔

ちくわに関しては、溜まりやすい体質ではあるみたいだけどたまにこすり付けて出しているし、猫の場合よほどでない限り絞る必要はないそうなので、わざわざ病院に行くことも無いだろうと思っていましたが、最近少しお尻歩きの頻度が高い気がするので、ちょっと考えないといけないかもしれませんね。。。😓

前回に引き続き、またもやちくわがメインのお話でした。
ホントに話題に事欠かない子😆

 

2+
スポンサーリンク

\ この記事をシェアする /

カテゴリー