◆ おすすめカテゴリー ◆

猫グッズ 猫部屋づくり 猫の生態 病気・ケガ・健康
スポンサーリンク

お腹にいいフードを試してみた

前回はお腹にいいとされるフードの特徴から、わが家の猫たちに最適なフード選びの条件を決めました。

そこから絞り込んだ2つのフードについて今回ご紹介したいと思います。

後半は猫たちの反応などのレポートになりますので、是非参考にしてみてください😊

お腹に良くてお手頃価格のフード2選

前回決めたフード選びの条件をおさらい。

  • 良質な鶏肉が主原料で、たんぱく質量は30%以上
  • 穀類は含まれていても消化にいいもの
  • 不溶性食物繊維が適度に配合されているもの
  • 腸内環境を整える配合(プロバイオティクス入りなら尚良し)
  • 合成添加物不使用
  • カロリー控えめ
  • 価格が手頃(これ大事)

これらを兼ね備えた2選のフードをご紹介します。

ニュートロ ナチュラルチョイス 毛玉トータルケア

まずひとつめは、90年以上の歴史を持つアメリカのペットフードブランドの老舗、ニュートロ。

厳選された自然素材にこだわっていて、何となく高級フードのイメージだったんですが、意外と価格が手頃(すごく低価格なわけではないですが)な事に気付いて候補に入れました。

その中でも、こちらの『毛玉トータルケア』は腸内環境に配慮した内容になっています。

名前の通り毛玉の吐き出しを防ぐことを目的としたフードですが、飲み込んだ毛玉をスムーズに便として排出できるように、食物繊維がバランスよく配合されています。

【原材料】

チキン(肉)、チキンミール、エンドウタンパク、玄米、乾燥ポテト、鶏脂*、オーツ麦繊維、アルファルファミール、ポテトタンパク、米糠、オートミール、大豆油*、タンパク加水分解物、オオバコ種皮、ユッカ抽出物、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、酸化防止剤(クエン酸、ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物) *ミックストコフェロールで保存

主原料はアメリカ産の高品質なチキン(生肉)とチキンミール(乾燥粉末)。

チキンミールというと、羽・頭・足・内蔵といった捨てる部位を使った「副産物ミール」が使われているんじゃないかと不安に思う人もいるかもしれませんが、ニュートロでは「副産物ミール」を使用せず、厳選した良質な乾燥ミールを使用していると明記されています。

使用されている穀類は『玄米』『米糠』で、小麦やトウモロコシといったアレルゲンになりやすいものは含まれていません。

お腹にいい成分としては、不溶性食物繊維として『オーツ麦繊維』、可溶性食物繊維である『オオバコ種皮』が配合されていますね。

オオバコ種皮(サイリウム)は便を柔らかくする可溶性食物繊維ですが、表記の順番からしてオーツ麦繊維より少ないですし、飲み込んだ毛玉をスムーズに排出するために必要な成分なんでしょうね。

長毛の猫ちゃんでオオバコ種皮入りフードで下痢が治まったという話もあったので、便の状態を整えてくれる効果に期待が持てます✨

ホリスティックレセピー 猫用 7歳まで

created by Rinker
ホリスティックレセピー
¥2,643 (2021/07/29 12:12:52時点 Amazon調べ-詳細)

日本に住む猫にために作られたフードで、販売元は日本の会社なんですが、製造はアメリカで行っています。

知らないブランドだったんですが、下痢気味のときに与えたいフードとして紹介されていたのをたまたま見かけて、価格がかなりお手頃だったのでこれは!と筆頭候補に躍り出ました✨

このフードの良いところは、プロバイオティクスとして数種類の菌類が配合されているところ。

そして、フードの酸化や風味の劣化を防ぐために400gずつ小分け包装されているというのもポイントでした👍

小分けになっているのは1.6kg入りと4.8g入りで、16kg入りという大容量でお得なパッケージもあるんですが、こちらはブリーダー向け商品で小分けにはなっていないようです。

【原材料】

鶏肉、鶏肉粉、米、豆粉、鶏脂、乾燥卵製品、豆タンパク、ポテトタンパク、ツナミール、ナチュラルフレーバー、酵母エキス、ひまわり油、アルファルファミール、ビートパルプ、オーツ麦繊維、トマト粗、醸造酵母、亜麻仁、クランベリーパウダー、チコリエキス、ユッカフォーム抽出物、塩化カリウム、塩化ナトリウム、リン酸、DL-メチオニン、タウリン、アスコルビン酸、イノシトール、塩化コリン、ミネラル類(アミノ酸キレート化鉄、アミノ酸キレート化亜鉛、アミノ酸キレート化銅、アミノ酸キレート化マンガン、アミノ酸キレート化コバルト、鉄、亜鉛、炭酸カルシウム、銅、マンガン、セレン、ヨウ素、コバルト)、ビタミン類(A、D3、E、ナイアシン、パントテン酸、B1、B2、B6、葉酸、ビオチン、B12)、サッカロマイセス・セレビシエ、ラクトバチルス・アシドフィルス、エンテロコッカスフェシウム、アスペルギウス・ニガー、バチルス・サブチルス、酸化防止剤(ミックストコフェロール、クエン酸、ローズマリーエキス)

お腹にいい成分としてまず挙げられるのは『ビートパルプ』と『オーツ麦繊維』。

ビートパルプというのは、甜菜(てんさい)から糖分を搾り出した搾りかすを乾燥させた繊維質のもの。

便を硬くする不溶性食物繊維になります。

後半の赤い文字の部分は全て腸内細菌や酵母菌、コウジ菌。
プロバイオティクスの多さが特徴的ですね✨

パッケージに『チキン&ライス』とあるんですが、穀類として使われているのは米で、小麦が使用されていないのも特徴。
先に紹介した『ニュートロ』と同様、アレルギーからくる軟便を避けることができそうですね。

そしてこれもニュートロと同様、主原料は鶏肉と鶏肉粉になります。

その他の特徴として、中国産の原料を使っていない事が公式サイトにハッキリと書かれています。

いかにも日本向け商品という感じですね😊

成分比較

栄養成分を、今回試す2種類と今食べている『ピュリナワン』の3つで比較しました。

【栄養成分比較】

 ニュートロホリスティックピュリナワン
たんぱく質33.0% 以上32.0%以上34 %以上
脂質16.0% 以上19.0%以上15 %以上
粗繊維6.5% 以下5.0%以下2 %以下
粗灰分10.5% 以下8.0%以下8.5 %以下
水分10.0% 以下10.0%以下12 %以下
マグネシウム0.2%以下※0.1%以下0.1 %
カルシウム0.9% 以上1.0%以上1.0 %
リン0.8%以上0.9 %
タウリン0.18% 以上0.18以上0.15 %
代謝エネルギー365kcal/100g365kcal/100g375kcal/100g

※パッケージに表記なし

たんぱく質量はいつものピュリナワンが一番多いですが、今回試す2つは粗繊維が多いのが分かります。

代謝エネルギーも少しだけ低めなので、ダイエットが必要なつみれやシニア期初めのアビーにもいいかなと。

実際に食べてもらいました

まずは食べてくれないと始まらない、という事で、少量パックを購入し、猫たちの食いつき等を確認してみました。

では『ニュートロ』からご紹介。

パッケージ表

パッケージ裏

毛玉がウンチとともに排出されやすく、しかも便臭も抑えてくれるというのはいいですね✨

成分・原材料は袋のサイドに表示されていました。

粒の大きさは特に大きくも小さくもない感じで、何かの種のような小判型をしています。

匂いは・・・ちょっと鯉のエサっぽいかも?強くはないですね。

次は『ホリスティックレセピー』。

パッケージ表

パッケージ裏

こちらも毛玉と腸内環境に配慮されていることが書かれていますね。

栄養成分と原材料。

形状はアサガオの種のような三角形で、ニュートロより若干小粒かな?

匂いは強めですね。

並べてみるとこんな感じ。

上がいつものピュリナワンで、左がホリスティック、右がニュートロです。

これを用意している間、猫たちが何か美味しいものを貰えそうな予感に集まってきちゃいました😅

クンクン

何かくれるってよ

まだかな~

追いつめられる私💧

上の写真の並びで置いてみて反応を見ました。

集まって来たぞ。

クンクン。美味しそう!

どちらも食べてますね!

みんな新しいフードを食べたがって、あぶれる子がいたので小さいお皿も追加投入!

食べてる顔が見えづらかったので反対側に移動。

なるとはいつものごはんを食べていましたが、ホリスティックを近づけるとそちらを食べ始めました。

みんな美味しそうにムシャムシャ食べてます😊

ひとまず拒絶はなさそうで良かった✨

ちくわは最初ホリスティックを食べていて途中からニュートロに移りましたが、その後ずっと食べてましたね。

美味しかったのかな。

残ったフードをいつものごはん場に置いておいたんですが、ホリスティックは匂いが強めだからか、ちくわがしきりに砂かけしてました😅

もうやめれ~💦

その後の様子は?

幸い猫たちがみんなどちらかは食べてくれそうだったので、3日間ほどお試しフードだけにしてみました。

その間、つみれのサプリメントは一旦ストップ。

 

食い付きについては、どちらかというと『ニュートロ』の方が良さそうでしたね。

『ホリスティック』も置いておけば食べるんですが、匂いを嗅いでやめたり砂かけされる頻度は高かったですし、先にお皿が空になるのは『ニュートロ』の方でした。

最後は『ホリスティック』だけになったんですが、あまり食べないのでいつもの『ピュリナワン』を混ぜてあげると食べたりしていたし、最終的にはちょっと飽きちゃったのかも?

便通の方ですが、みんな特に問題なくきれいな形のウンチをしていました👍

一度、ちくわが珍しくウンチを床に転がしたのでどうしたのかな?と思って見てみると、ウンチに猫毛がたくさん含まれているのが見えたんです!(汚くてスミマセン💦)

これはやはり毛玉排出効果が出ているという事でしょうね✨

しかもそのウンチがあまり臭くなかったのが驚きで😲

なにせちくわはウンチが臭い王なので。。

これも室内飼いにとっては嬉しい効果でした✨

便通の効果はどちらによるところが大きいかは分かりませんが、食いつきの点からいうと『ニュートロ』になるかな~、という感じですね。

『ホリスティック』の方がお財布に優しいし、腸内細菌の配合もあって期待度が高かったので、私的には『ホリスティック』を食べてくれると嬉しかったんですけどね😓

サプリメントをやめるか頻度を落とせばその分フードにお金をかけられるし、とりあえずニュートロの毛玉ケアで様子を見てみようと思います。

便通改善にちょっと希望の光が見えてきました😊