◆ おすすめカテゴリー ◆

猫グッズ 猫部屋づくり 猫の生態 病気・ケガ・健康
スポンサーリンク

抜歯後にも食べやすい小粒カリカリ

つみれの歯科治療後の様子ですが、もうすっかり元気です。

ごはんもおやつもよく食べてますし、甘えん坊復活でますます可愛くなりましたよ✨

これを書いている今も、横で甘えてきて困ります~😚

抜歯の事も肥満細胞腫の事も、報告書が届いたらまとめようと思ってるんですがなかなか届かないので、今日は抜歯後にも食べやすい小粒カリカリについて書きたいと思います。

ドラッグストアで買える小粒カリカリ

つみれの抜歯後、まだ傷が癒えてない頃、ウェットに飽きてどうしてもカリカリが食べたい様だったので、小さめ粒のものをあげてみる事にしました。

いつものカリカリも比較的小さめな粒なんですが、食べようとするとちょっと引っ掛かったようになる事があるので、少しでも食べやすいものはないかと探してみました。

何か小粒のものを…と思って最初に思い付いたのは、前に試したことがある近所のドラッグストアでも売っているもの。

『モンプチ 天然お魚の贅沢』

『ミャウミャウ カリカリ小粒タイプ』

created by Rinker
モンプチ
¥1,548 (2022/06/30 19:07:05時点 Amazon調べ-詳細)

高級なフードとは違って成分にそこまでこだわりはないけど、味はいいようで食い付きがいいんですよね。

(左)ベッツワン(右)モンプチ

(左)ベッツワン(右)ミャウミャウ

どちらもベッツワン(=いつものごはん)よりやや小さめで、厚みが少ない感じの形状。

やっぱり食い付きはすごくよくて、並べて置いておくとみんないつものより先に食べてました。

つみれも食べていたんですが、そこまで小さい粒ではないし、形状がまん丸ではなく角があるものも混ざっているせいか、やっぱりちょっと引っ掛かる事もありました。

食べる間はずっと見ていて、引っ掛かってパクパクするとやっぱり怖いので『今はここまでね!』と下げるんですが、その後の寂しそうな顔が可哀そうで。。😥

ちょっと高級、でも食べやすい小粒カリカリ

もっと小さいものを!と探したのが次のふたつ。

小粒でも食べてくれないと意味がないので、前に試したことがあるものを参考に探しました。

ひとつめは『モグニャン キャットフード』

グレインフリーのプレミアムフードで、原料の65%が白身魚という何とも美味しそうなもの。

以前サンプル品を試してみて、ちくわ以外は結構食べてくれていました。

そのときの記事がこちら。

結構小粒だったイメージがあって、出来るだけ早く手に入れたかったので、お高い商品なんですが思い切って現品を買ってみました💨

(左)ベッツワン(右)モグニャン

形状は俵型で、粒は小さめですが厚みはあります。

実は、これが届いたときには術後一週間が経過していたので、他のものと単純に比較は出来ないかもしれませんが、引っ掛かるような仕草は見られませんでした。

つみれはまあまあ食べてはいましたが、いつものごはん(ベッツワン)の方が好みみたいでしたね😅

最後のひとつは『ニュートロ ナチュラル チョイス キトン チキン』。

ニュートロは、子猫用はあげたことありませんが成猫用はまあまあ食べていたのでいけるかなと。

(左)ベッツワン(右)ニュートロ

これは、子猫用という事もあって明らかに小粒です。

ここまで小さいものは他にないんじゃないかというくらいの小粒っぷり✨

細長い形状で、長辺は8mmくらいありますが、短辺は5mm程度しかないですね。

実際、これを食べているときは引っ掛かったような仕草はほぼ見られませんでした👍

食い付きもまずまずだったので、抜歯後に小さい粒からドライフードを始めるときにはこれを用意しておくのがいいかも、と個人的には思いました。

小粒カリカリのサイズ比較

今回試したもののサイズを比較してみました。

ニュートロの子猫用は、一番小粒で良かったのに比較写真がありません💦

小さめのパックを買ったし、感触が良かったからさっさと出してしまったので😅

という事で、ニュートロの写真はメーカーサイトに載っていたものを合成しています。

まずは、粒の直径を比較してみます。

  • ベッツワン:8~10mm
  • モグニャン:6~8mm
  • ミャウミャウ:7~9mm
  • モンプチ:8~10mm
  • ニュートロ:5~8mm

ミャウミャウとモンプチはその形状から小さく見えますが、直径ではそこまでベッツワンと差がありませんでした。

次は厚み比較。

ベッツワンと比べて、ミャウミャウはかなり薄くモンプチはやや薄、モグニャンは俵型なので厚みはありますがコロンとした感じですね。

ニュートロの厚みはモンプチくらいだったかなぁ。

こうしてみると、圧倒的に粒が小さいニュートロと、コロンとした形状で引っ掛かりにくいモグニャンが食べやすそうだな、という事が分かりますね。

抜歯後にカリカリをあげるときは慎重に

本来なら、抜歯後は2週間くらい、短くても1週間はウェットフードにした方がいいんですが、普段からドライしか食べない子やウェットが苦手な子もいると思います。

つみれもドライが好きな子なので、ウェットを食べずに脂肪肝になるくらいなら…と、抜歯後4、5日で恐る恐るドライをあげてみましたが、小粒タイプなら意外と大丈夫なことが分かりました。

ただ、犬歯や前歯をがっつり抜いている場合は傷口のケアにもっと気を遣わないといけないので、同じようにはいかないかもしれません。

抜歯後のごはんについては、猫ちゃんの様子をみながら、また医師と相談しながら考えてあげてくださいね。