◆ おすすめカテゴリー ◆

猫グッズ 猫部屋づくり 猫の生態 病気・ケガ・健康
スポンサーリンク

愛猫がケガ!?慌てて病院へ行ったなら

病気・ケガ・健康

一昨日は大変な一日でした。

早朝、いつものように猫たちにウェットごはんをあげ、片付けを終えてもう一度寝ようとしていました。

ちくわが少し興奮して走っていて、それを追いかけてソファへ飛び乗ったつみれが、さらにキャットウォークへ駆け上がろうとしたときでした。

 

キャットウォークに後ろ脚が乗らず、前脚だけでよじ登ろうとして失敗、壁を蹴って床へジャンプ!

私の目の前での出来事だったので、抱えて助けようと思ったのですが間に合わず。

すると、床に降りたつみれが『ウ~ッ!』と唸り、近づく他の子たちを威嚇し始めたんです。

これはどこか痛めたかもしれない、と見てみると、左前脚を浮かせているじゃないですか😱

つみれは気が立っていて、脚を見ようとすると『シャーッ!』と威嚇してきます・・・。

かなり痛いようで、足を床に着けないようにしているんですが、隠れる場所を探すようにウロウロ歩き、狭いところに入って転がってはしばらくすると出て来てウロウロ・・・。

この様子を見ていてすぐに思い浮かんだのが、ちくわが骨折したときの事。

これはただ事じゃない、絶対に骨折している・・・そう思いました。

 

この時点でまだ朝の6時前だったので、当然病院は開いていません。

骨折で手術が必要だった場合、信頼できる病院にお願いしたいですし、費用の事も考えなくては。。

と、どこにつみれを連れていくか夫と話し合いました。

 

というのも、以前にも書きましたが、今のところに引っ越してきてから全てをお任せできる『かかりつけ病院』を決められていないからなんです。

いちばん近所の病院は整形を扱っておらず、以前にちくわの骨折後の事を相談したら別の病院を提案されました。

いちばんよく通っている病院はとてもいいところなんですが、現金払いのみなので、高額治療になるかもしれないときには選択しづらいんです。。

市内の病院で、整形の実績があって信頼できそう、且つクレジット払いが出来るところは2ヵ所、どちらも一度お世話になったことがありましたが、どちらがいいか悩みに悩みました。

動物病院は人間の病院のように専門分野のみを扱っている事はほぼないんですが、やはり得意・不得意はあります。

設備が無いので診れないケースもありますし、かかりつけ医だからと言って全てをお任せできるわけじゃないですよね。

いざというときのために、整形ならここ、眼科ならここ、等というように、症状別に連れて行く病院を決めておいた方がいいな、と実感しました。

結局、ちくわの骨折の経過を診て頂いたことがある病院に決め、診療開始時間の30分前から電話したんですが繋がらず、時間になると同時に予約を取りました。

整形の先生に診て頂ける一番早い時間が11時という事で、それまでの時間がすごく長く感じる。。

高いところに行こうとするつみれを制止しては唸られたりしながら何とかやり過ごしました。

つみれをキャリーに入れるのはすごく大変だろうと覚悟していましたが、意外とすんなり入ってくれました。

移動中も一度も鳴かず、すごく大人しいつみれ。

前に病院行ったときはすごく鳴いて出たがってたのに。よほど痛いんだろうな。。😭

診察台でキャリーを開けたときは隅で固まっていて、出ることは断固拒否!というように縮こまっていました。

引っ張り出したつみれを見て先生が一言『・・・大きいですね。。』😓

ここでもつみれは意外と大人しく、あっさりとカラーを取り付けられ、爪を切られていました。

 

診察室の外でレントゲンを待っている間、手術の事や費用の事、色々考えて不安ばかりが募ります・・・。

呼ばれて中に入ると、すでにキャリーの中に戻され、大人しく待っているつみれの姿が。

レントゲンの結果は・・・

 

『骨折はしてないですね』

 

・・・えっ!ほ、本当ですか!?

痛めたのが肩のあたりの可能性もあるので、と4枚ほど撮って頂いたものを見たんですが、確かにどこも折れてない、キレイな骨格写真・・・。

絶対にボッキリ折れてる!と思っていたのでちょっと拍子抜けでしたが、心底ホッとしました😭

もしかしたら、レントゲンでは見えないような異常があるかもしれないので、数日しても良くならないようならCTを撮ってもっと細かく見る必要があるかもしれないけど、今出来るのは痛み止めで様子見、という事で、5日分の薬を貰って帰宅したのでした。

処方された痛み止め

帰って来てからのつみれは、朝のような威嚇行動は一切なくなり、ごはんを食べてひたすら寝ていました。

疲れたのもあるでしょうが、本能的に体を癒そうとしていたのかも。

昨日の夕方にはかなり回復し、脚が痛いなんて分からないほど普通に歩くときもあったり。

何だか大袈裟に騒ぎ過ぎたかしら・・・とちょっと恥ずかしくなるくらいの回復っぷり。。

まあ、病院に行ったからこそ骨に異常がないことが分かって安心できたんだし、病気やケガを見過ごして後悔するくらいなら、ちょっと恥ずかしい思いをしてもすぐ病院で診てもらう方がいい💨と納得しています。

締めて約1万3千円の安心料なんて全然痛くない、イタクナイ・・・。

今日のつみれは相変わらずよく寝ています。

ちょっと脚をヒョコヒョコさせて歩くときもあるし、兄弟たちが走り回っていても参加しないので本調子ではないと思いますが、再び病院に行く必要は無さそう。

こんな事になった原因はというと、キャットウォークの構造上の問題だと思われますので、早速改善しようと計画を立てています。
その話は後日ご報告しますね。

とりあえず、大事に至らず本当に良かったです✨

6+