◆ おすすめカテゴリー ◆

猫グッズ 猫部屋づくり 猫の生態 病気・ケガ・健康
スポンサーリンク

げぼくの一日

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

今日の私は寝不足。

昨夜、やっと眠りに落ち始めたとき、ちくわの大きな鳴き声で引き戻されました。

『どうした?』と起き上がろうとすると、何だかオシッコ臭い…。

また枕にされたか!?と嗅ぐも臭くない。

ん?右の肩甲骨あたりがなんか冷たい。。

・・・

ギャーッ!肩にオシッコされてる!!

横を向いて寝ていた私の肩に、ちくわがオシッコ引っかけた~😭😭

慌てて風呂場に行って洗い流し、Tシャツを洗い、布団にこぼれたオシッコを拭きました。

なぜ、直に私に…。なんかショック。。

その後特に何か要求する感じでもなく静かになったので、私もとりあえず寝ました。

それから1時間もしないうちに、なるとがごはんを寄こせと私を踏みつけにし始めました。

仕方なく起きて用意をしている間、なんだかちくわがウロウロしているような。

みんなが食べ終わったお皿を洗い、再び寝ようと布団へ転がって毛布をかぶりました。

あれ、何か濡れてる?・・・しかも臭い。。

飛び起きて確認すると、今私が寝ていた場所が濡れてシミになっている…!

つまり、私のTシャツも濡れているぅ~!!!😱

さっき着替えたばかりなのにぃ~~😭

先にされたオシッコ部分をカバーするために敷いていたミニ敷きパッドを剥がして洗い、毛布も洗い、Tシャツを着替え、当然汚れた布団をまた拭いた時点で、私はもうそこで寝る気力がなくなってしまいました。。

寝室で寝ようとしますがあまり眠れず、それから1時間ちょっとで起床時間。

はぁ~眠い。。

朝の仕事をこなしつつ、夫の座椅子の手入れを。

というのも、夫の座椅子も週末ちくわにオシッコをされたから。

この座椅子は度重なるオシッコ攻撃で臭いが取れなかったので、思い切ってお湯をぶっかけて洗ったんです。

ところが運悪く雨続きで外に干せず、寝室で何とか乾かしていたんですが、どうもパイプに水が入ったらしくなかなか乾かない。。

しばらく置いておいてトントンすると水が滲み出てくるので、それを拭いたりドライヤーをかけたりしていたんです。

その作業中、ふと気づきました。

あれ、私コップを机の上に置きっ放しだったかも?

ヤバい!ちくわに落とされる!

急いでリビングに戻るとコップは無事。

ホッとしたのも束の間、ちくわが私の座椅子をカキカキしている…!

や、やられた~😱😱😱

今度は私の座椅子がターゲットに~😱

さすがに『もうやめて~😭』と叫んでしまいました。

何という仕打ち…。

なんか私、昨日からオシッコ拭きばっかりしている…と何だか虚しくなってきました。。

そうはいっても、可愛い顔で寝ているちくわを見ると撫でずにはいられないのです。。

ネコ様(主にちくわ)に翻弄される私。

悲しいけど、これが下僕なのよね…。

今夜は眠れるといいな。。


猫と暮らしていいですかをもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで届きます。