◆ おすすめカテゴリー ◆

猫グッズ 猫部屋づくり 猫の生態 病気・ケガ・健康
スポンサーリンク

猫の投薬大作戦

猫は繊細な動物なので、薬を飲ませるのは本当に大変。。

今回、つみれに薬を飲んでもらおうと色々試した作戦をご紹介します。

どうやって薬を飲んでもらうか?

前回書いたように、つみれにステロイド薬を飲ませる必要が出てきました。

もらった薬は『プレドニン』という錠剤。

錠剤を確実に飲んでもらう方法は、口の奥の方に入れてゴックンしてもらうこと。

ただこの方法が使えるのはよほど慣れた人か、あまり抵抗しない大人しい猫ちゃんが相手のときだけです。。

その他の方法としては、すり潰して粉状にし、ウェットフードやおやつに混ぜるか、水に溶かして飲ませるというものがあります。

一番ストレスが無いのはごはんに混ぜて食べて貰う方法で、前にサプリメントを与えたときもこの方法を使いました。

でも今回の薬は苦いらしく、匂いに敏感な猫はすぐ気付くし、ひと舐めしたとしても嫌がるはず…。

そもそもつみれはあまり食い意地が張ってなくて、変わったものはあまり食べてくれません。。

そこで考えたのが、いつも食べているドライフードをふやかしてそこに錠剤を埋め込み、ごはんに混ぜて食べて貰う作戦。

今回の薬はすごく小さい粒なので、うまく埋め込めればイケる気がしました。

いつものフードに埋め込み作戦決行!

早速フードをふやかして薬をイン!

薬は半分に割って、薬入りフード通称『薬玉』を2つ作りました(写真なし)。

見た目はまあまあいい感じになったけど、水に浸けていたのでちょっと香りが落ちた?

それに元のフードのようには固まらず、口に入れたら違和感に気付きそう…。

とりあえずやってみよう!という事で、つみれがごはん場に向かったタイミングで、少量のドライフードにこの『薬玉』を混ぜて出してみました。

普段は置いてあるごはんを食べるので、差し出されたことに少し不思議そうな顔をしながらもパクパク食べるつみれ。

うまくいったか!?

※イメージ画像

つみれが去った後の皿には数粒のカリカリが残っています。

その中に・・・バッチリ『薬玉』が2粒ありました…😭

その後何回かトライしましたが、全然食べてもらえず。。

鰹節をまぶしたら口には入れてくれましたが、すぐにペッと出してしまった😅

やはりいつものフードとは違うことがバレちゃってました💦

作戦失敗~!残念!

投薬用おやつで再挑戦

同じように考える人はたくさんいるようで、『薬玉』用のおやつが市販されています。

その中で上手くいきそうに思えたのが、『メディボール』という商品。

まぐろ味かチキン味か迷って、レビューが良さそうなまぐろ味を買ってみました。

中身は一粒一粒トレイに収まっていて、この状態でもかなり強い魚の匂いがしています。

つみれに嗅がせてみると、『何なに?いい匂い!』と、鼻をスンスン鳴らしてついて来る😙

いい反応!これなら食べてくれるかも✨

一粒は結構大きいので、3つに割ってそのうち2つに錠剤半分ずつを入れてみました。

ふやかしたフードと違って粘度が高いので、埋め込んで形を作るのはラク✨

小さくしたので、丸くすると完全に見えなくするのが難しかったんですが、ちょっと三角な形にするとよりやりやすかったです👍

右はいつものフード、つまんでいるのが元のメディボール、左の2粒が薬を混ぜ込んだものです。

錠剤入りを割ってみるとこんな感じ。

これを用意している間、つみれは激しく鼻をスンスンいわせながら近くをウロウロ。

その様子に、なるととちくわも集まってきちゃいました😅

さて、食べてくれるかな?

期待を込めて差し出すと・・・食べない~!

あんなに匂いを嗅いでたのに、全然口を付けてくれない…😭

薬の入っていないものもダメだったので、このおやつはあまりお気に召さなかったようです。。

因みに、薬の入ってないものをなるとに差し出したら喜んで食べました😂

ちくわは口に入れたけど完全には食べてくれなかったし、イマイチだったか~。

水に溶かして飲んでもらおう

こうなったら食べ物に混ぜる作戦はやめて、水に溶かして飲ませるしかない。

まずは錠剤をすり潰し、

少量の水を加えて溶かします。

シリンジで吸い上げたところ。

できるだけ量を少なくしたいので、水の量は1ml以下にしてます。

つみれが寛いでいるところを夫にガッと押さえてもらい、スタンバイOK!

若干上を向かせて、口の横、犬歯より後ろあたりからゆっくりと流し込む・・・のが理想だけど難しいので😅、本当は良くないけど口の横の隙間からピュッと押し込みました。

急に苦いものが入ってきて驚いたつみれは体をよじって逃げますが、何とか大部分を飲み込んでくれました👏

スポイトでもやってみたんですが、スポイトだと一気に流し込むのが難しくてあまりうまく出来なかったので、つみれの場合は今後もシリンジで行こうと思います。

苦くてペロペロしているつみれは可哀そうだけど、これが早くて確実。

高いところに逃げて行ったりしなかったので、遺恨を残さずに済んだようです✨

※高いところに逃げたイメージ

食いしん坊な子ならもっとラクな方法があると思いますが、つみれは特に敏感なので投薬は苦労します。。

できるだけ薬をあげなくて済むように、ずっと健康でいてもらいたいものです。