◆ おすすめカテゴリー ◆

猫グッズ 猫部屋づくり 猫の生態 病気・ケガ・健康
スポンサーリンク

保護猫の未来のために参加しよう『とろねこチャレンジ』

猫の保護

今、SNSを中心に始まっている『とろねこチャレンジ』をご存じですか?

『とろねこチャレンジ』とは、スヤスヤと眠っている猫の写真や動画を「#とろねこチャレンジ」というタグをつけてTwitter、またはInstagramに投稿すると、1投稿ごとに10円が保護猫の飼い主募集活動に寄付されるという活動です。

私もTwitterで参加しているんですが、参加方法はSNS投稿だけではありません!
今回はこの『とろねこチャレンジ』についてご紹介したいと思います。

とろねこチャレンジってどんな活動?

とろねこチャレンジは、花王の柔軟剤「ハミングリンネ」がサポーターとなり始まったプロジェクトで、その目的は『保護猫の引き取り手を増やし、殺処分される猫を減らそう』というもの。

とろねこ

www.kao.co.jp

日本で殺処分されてしまう猫は、年々減ってはいるものの現在年間30,000頭もいて、その数は犬の4倍なんだそうです。

最近は猫の保護活動が盛んで、全国にたくさんの保護猫団体が存在しているんですが、保護猫の引き取り手自体がまだまだ少なく、保健所などの行政から引き取れる猫の数に限りがあるのが現状なんです。

「猫を飼いたい」と思ったときに、まず思い浮かぶのが”ペットショップで買う”ではなく、“保護猫を引き取る”という人が増えれば、保護猫団体が行政から引き取れる猫の数が増え、結果的に殺処分を減らすことができるんです。

『とろねこチャレンジ』は、この事実をたくさんの人に知ってもらう事、さらには集まった寄付金を「保護猫の飼い主募集活動」に充てることで、一頭でも多くの猫ちゃんが安心して眠れるようにしたいという思いから始まったものです。

3つの参加方法

チャレンジに参加する方法は次の3つです。

  • SNSで眠る猫の写真・映像を投稿する
  • 情報をシェアする
  • 保護猫を受け入れる

SNSで眠る猫の写真・映像を投稿する

家に猫がいるという方は、「#とろねこチャレンジ」というタグをつけて、眠る猫の写真や動画をTwitter、またはInstagramに投稿してください✨

1投稿につき10円が、保護猫の飼い主募集活動に寄付されます。

具体的には、集まった寄付金は花王株式会社から『特定非営利活動法人ランコントレ・ミグノン 』に寄付され、その2割をキャットフード代に、残りの8割をSNSを通じた「飼い主募集広告」に活用されるそうです。 

投稿期間:2020年2月7日~4月30日

投稿はひとり何回でもOK👌

まだまだ始まったばかりですが、2/12現在、すでにTwitterで39,780件、Instagramで5,212件の投稿が寄せられているようですよ😲

投稿数の上限は30万件(寄付金300万円)に設定されているようですが、まだまだ参加できます!

情報をシェアする

家に猫がいない・・・という方でも参加できます!

このチャレンジの事や、保護猫の現状を周りの人に教えるだけでも、活動が広がっていきます。

保護猫を受け入れる

これは簡単にできる事ではないですが、もし今『猫を飼いたいけどどうしたらいいのかな?』と思っている方がいたら、保護猫団体が開催している「保護猫譲渡会」に足を運んでみてください。

ネットで「地域名 保護猫 譲渡会」などで検索すると、お住まいの近くで開催されている譲渡会の情報が得られると思います👍

私も参加してます!

私は普段からTwitterでわが家の猫の写真を投稿しているので、眠っている写真に「#とろねこチャレンジ」というタグを付けるだけなので簡単😊

というわけで、投稿の一部をご紹介します✨

ぜひご参加ください

わが家のアビーは、保護団体から引き取ったわけではないですが元ノラの保護猫。

アビーが気持ち良さそうに寝ている姿を見ると、本当にウチの子になってもらって良かったなぁ、と思います。

全ての猫が幸せになるのは簡単な事ではないですが、このチャレンジでそんな社会に少しでも近づけばいいなぁ、という願いを込めて、期間中はたくさん「とろねこ」を投稿します!

皆さんも、ぜひこのチャレンジに参加してみてください。

 

1+