◆ おすすめカテゴリー ◆

猫グッズ 猫部屋づくり 猫の生態 病気・ケガ・健康
スポンサーリンク

こんな音はイヤだ!

猫は聴覚が優れているので、音に対してとても敏感です。

なかでも特に猫が嫌がる音について、一般的に言われているものや個人的に感じたものをまとめました。

猫は聴覚が敏感

猫が聞こえる音域はイヌよりも広範囲で、特に高音域の音を聞く能力が高いとされています。

≪聞こえる音の周波数≫

  • 人間 20Hz~2万Hz
  • 犬  65Hz~5万Hz
  • 猫  60Hz~10万Hz

人間と比べると、その聞こえる範囲の広さに驚きますよね!

猫の獲物であるネズミがコミュニケーションに使っている音が2.5万~4万Hzという高音なので、それを聞き分けるために猫の聴力は発達したとか。

これだけ色んな音が聞こえる猫ですから、人間には分からない苦手な音もあるようです。

猫が嫌うのはこんな音

大きい音

猫の聴覚はヒトの何倍も優れているため、大きな音は我々人間が感じるよりも刺激が強いんです。

掃除機やドライヤーといった電化製品の音や、雷の音なども苦手な猫ちゃんが多いですね。

大きな音でビックリする事は人間でもありますし、私も大きな音が苦手です。。

ただ、猫の場合は音が原因で『急性ストレス』やトラウマを引き起こす事があるので、あまり大きな音を立てない生活を心がけた方がいいですね。

低い音(重低音)

一般的に、猫は男性の声より女性の高い声を好むと言われています。

猫は怒っているときは低い声で唸り、甘えたり喜びを表すときは高い声で鳴くので、高い声の方がプラスの感情を抱くようですね。

男性が猫に好かれるには、高い声でゆっくり優しく話しかけることが大事👍

ウチの猫たちがとにかく怖がるのは、重機の唸る音や重いもの(ガスボンベ等)をゴロゴロ転がすような低くて響く音、いわゆる重低音

ちくわなんて、寝ていても飛び起きてキャットウォークの高いところへ逃げてしまうほど。

しばらく落ち着かないので、近所で重機の入る工事があるときは気になるところです。

金属がキンキンいう音

低い音が苦手な猫ですが、甲高い音も要注意!

実は、金属音のようなある種の甲高い音を聞くと発作や痙攣をおこす猫がいることが分かっているそうなんです😨

金属がぶつかり合う『キーン』という不快な音だけでなく、鍵束がチャラチャラなる音、スプーンでフライパンを叩くカンカンいう音など、身近にある音にも危険が潜んでいるんです。。

10歳以上の高齢猫では発作を起こしやすい傾向があるようなので、特に注意したいですね。

どんな反応をするか、試しにやってみようなんて絶対に思わないでくださいね!

超音波

これは以前にもご紹介しましたが、わが家でも実際に経験しました。

ビールのきめ細かい泡を作り出す簡易サーバーでは超音波が使われていて、これを使ってビールを注いだところ猫たちが驚いて逃げてしまったんです💦

そのときの記事がコチラ

猫の不思議な能力

猫の身体能力は驚異的ですが、その察知能力といいますか、運動能力以外の『猫の能力』…
edamomo.com

超音波式の猫除け器具なんかが売られていますしね。
本当に嫌いなようです。。

ここで、先ほどご紹介した聞こえる音の範囲をおさらい。

≪聞こえる音の周波数≫

  • 人間 20Hz~2万Hz
  • 犬  65Hz~5万Hz
  • 猫  60Hz~10万Hz

人間が聞こえる範囲外の音を超音波と呼ぶので、2万Hz以上の音が超音波という事になります。

当然人間には聞こえませんが、猫にはバッチリ聞こえています。

聞こえないので分かりませんが、きっと不快な音なんでしょうね~。

エアダスターの音

スプレー缶の『シューッ』という音も、猫が嫌いな音のひとつ。

ちくわはスプレー缶を振るだけで逃げてしまうので、記憶に残るイヤな音のようです。。

先日、エアダスターをプシュッとやったら、スプレー缶の比じゃないほど猫たちが驚いて逃げて行ったんですよ!

口で『シュッ』と言ったときもビックリしていたので、この空気が強く吹き出す音はかなり怖いようですね。

できるだけ静かな生活を

ここでご紹介した以外にも、猫が嫌いな音は色々あります。

面白がって大きな音を立てたりすると、猫には相当なストレスになってしまいますし、身体的にも危険な状態を招く恐れがありますので絶対にやめましょうね。

猫ちゃんが穏やかに生活できるように、無用な音は立てない、忍者のような精神(?)で過ごしたいものです😚