◆ おすすめカテゴリー ◆

猫グッズ 猫部屋づくり 猫の生態 病気・ケガ・健康
スポンサーリンク

猫にアクリルは嫌われる?

猫たちのこと

すっかり寒くなり、空気が乾燥してますね。

この季節、猫が寄ってきてくれて嬉しいんですが、厄介なことがあります。

それは『静電気』。

猫を撫でようと手を近づけると、パチッとなって嫌がられることありますよね。

特に私は乾燥体質なので、常に手がカサカサしています💦

水仕事をしたり作業の邪魔だったりするので、寝る前くらいしかハンドクリームは塗りません。
乾燥が気になるときはワセリンを塗るんですが、やはりすぐにカサカサに。。。

このままでは猫に嫌われてしまうかも・・・💧

静電気を防止するには

静電気を防止する方法としては、

  • 部屋の湿度をあげる
  • 静電気の起きにくい衣類を身に着ける
  • 静電気防止グッズを使う

というようなことがあげられますね。

部屋の湿度をあげる

湿度をあげるには、洗濯物を室内に干すといいとよく言いますよね。

ただ、うちではちくわがすぐに洗濯物を引きずり降ろすんで、室内干しがしづらいんです😅
濡れタオルくらいなら、手の届かないところに干しておけるかな❓

結露するのがイヤで加湿器は置いてないんですが、何かしら加湿はした方がいいと思っています。

洗濯物をかけたハンガーによじ登ろうとするちくわ

静電気の起きにくい衣類を身に着ける

静電気は、プラスの電気を帯びやすい素材とマイナスの電気を帯びやすい素材が組み合わさると起こりやすいんだそうです。

≪プラスの電気を帯びやすいもの≫

  • ウール
  • ナイロン
  • レーヨン

≪マイナスの電気を帯びやすいもの≫

  • アクリル
  • ポリエステル
  • アセテート

猫の毛はウール同様プラスの電気を帯びやすいので、アクリルのニットを着て猫を撫でると静電気が発生しやすい、ということになりますね。

綿や麻は帯電しにくい素材なので、これらの衣類を着ていれば静電気は起きづらいと思いますが、冬場は安価で暖かいフリース素材やアクリルのニットなんかの使用率がどうしても高くなるので、この部分は避けられないかもしれません。

静電気防止グッズを使う

静電気を帯電しにくくするグッズは色々売られていますよね。

猫用の首輪や人間用のブレスレッド、静電気防止スプレーなんかがありますね。

日常生活では邪魔だったり、本当に効果ある?というものも多くて、私は特にこれらは使用してないです。

スプレーは、衣類のまとわりつきには確かに効果ありますが、全ての衣類に使うことはできないし、猫にかけられるわけでもないので、猫の静電気防止にはイマイチかもしれないですね。

 

これらの方法をちゃんとやれば効果があるのは分かるんですが、静電気を防ぐことは結構難しいです😅

猫の触り方にも気を付ける

猫を撫でるときにパチッとなるのを防ぐには、手のひらで撫でるようにするといいらしいです。

静電気は先端から放電するので、指先を猫に近づけると鼻先なんかがパチッとなってしまいますよね。
触る面積を広くすることで、少しは静電気を抑えられるみたいです。

あとは、触る前に金属を触って放電させておくのも手です。

猫が近づいてきたら何も考えずに触っちゃいますが、少し気を付けることで猫に嫌われずに済むならやる価値はあるかも。

この前、アビーを撫でようとしたら何故か私から逃げて行ったんです😖

どうしたのかな?と思って見ると、私が手を出すと目をショボショボさせている・・・。

静電気で痛かったことを覚えていて怖がってるみたいでした💧
パチッとならないまでも、私の手が静電気を帯びているのを感じていたのかもしれません。

私自身が嫌われたわけじゃないにしても、近寄ると逃げ惑う姿はちょっとショック。。。😭

せっかく猫が寄ってくる季節なのに、静電気で逃げられてしまうなんてもったいない❗
これだから、乾燥の季節は苦手です💨

なんとか静電気を防止して、猫たちに心置きなくスリスリしてもらいたいものです。

 

0